対話の効果

7b88fe05b5b848a3783bb3dc6d3423f7_s

お客様が、自店を利用される理由は何か。

その内容を確認できることで、そのお客様のニーズが見えて来るし、自店の強みも判ります。

そのためには、まず聴くことが重要です。つまり対話です。
お客様が困っていること・不満に思っていることのウラ側に、顧客のニーズが見えてきます。

●対話の効果をより高める手段として、次のようなことが挙げられます。

1、カウンセリング。
・・・(リラックスした雰囲気で、要望や相談の受付)。

2、メニュー・価格。
・・・(所要時間・仕事内容が解り、選択肢が多くある)。

3、カルテの活用。
・・・(記録をとり提案に役立てる。生活情報も管理)。

4、ビフォアー。
・・・(お試しで、その良さを体験し実感していただく)。

5、アフター3点セット。
・・・(保証・お礼のDM・電話で満足度の確認)。

6、ホームケアの助言。
・・・(解り易い言葉で、親切にサロンの誠意を示す)。

7、要件のないDM。
・・・(親密関係づくりの中から、個人情報は得られる)。

上記項目の整備と実施を徹底し繁盛店の基礎を築きましょう。

You may also like...